人生には「どうにもならない悩み」があります。

■それを解決する方法は、四つの真理を知ること
@人生には、「どうにもならない悩み」がある。
A「どうにもならない悩み」の原因は「本能的な欲望」である。
B「どうにもならない悩み」を消すことで「しあわせ」になれる。
Cその 「しあわせになる方法」を知る。

■四つの体の悩みとは
「どうにもならない悩み」のうち根本的なものは 体の悩みです。
@どのように生きるかという悩み。
A日に日に老いていくという悩み。
B病気についてのさまざまな悩み。
C どのように死ぬかという悩み。

■本能的な欲望とは
@残虐性:人や生き物を殺したりいじめたりする。
A物欲:物品や食物を欲しがって盗みに至る。
B性欲:不倫や多淫に耽る。
C 虚言:自分を守るために嘘をつく。
D 飲酒:酒や麻薬を飲んで正体を失う。

■「どうにもならない悩み」の詳細
「どうにもならない悩み」とは仏教用語です。
仏教は、 ブッダにより始められましたが伝説の人です。
現代にまで伝えられている教説は、大きく2系統に分かれています。
@上座部(小乗仏教):分派を繰り返し、統一見解を持っていません。
A大乗仏教: ナーガールジュナにより統一され、日本にも伝わりました。

■「どうにもならない悩み」の意味
サンスクリット語「」(duHkha、ドウクハ)から日本語への私の訳です。
伝統的な 鳩摩羅什(クマラジュウ)の漢訳(中国語訳)は「苦」(く)です。

■私の訳の「四つの真理」とは漢訳で「四諦」(したい)
@苦諦:人生は「苦」(どうにもならない悩み)である。
A集諦:「苦」の原因は 「無常と執着」(欲望)にある。
B滅諦:「苦」を滅した境地が「悟り」(しあわせ)である。
Cその 「悟り」に至る方法は「八正道」(しあわせになる方法)。

■私の訳の「四つの体の悩み」 とは漢訳の「四苦」
四苦は、四文字熟語「四苦八苦」の「四苦」に当たり、
漢訳では「生」「老」「病」「死」です。
因みに、「八苦」は「四苦」のほかに、
@愛別離(あいべつり):愛する者と別れる悩み。
A怨憎会(おんぞうえ):怨み憎む者に会う悩み。
B求不得(ぐふとく):求めるものが得られないという悩み。
C五陰盛(ごおんじよう):その他の心身から生ずる悩み。

■「本能的な欲望」を戒める五戒とは
仏教の 「五戒」(残虐性、物欲、性欲、 虚言、飲酒を禁じる戒め)は、
ヘレニズム文化によって西方に伝わり、
キリスト教やイスラム教の教義として世界の道徳の基になったのです。
 「五戒」こそは人類2,500年の知恵の集積なのです。
しかし現代はこれが軽んじられ、不幸な状態に陥っています。

子供のころからの夢が挫折したという「どうにもならない悩み」

■その原因と解決方法
一流の音楽家、プロ選手、大学教授、医者、公務員・・・等々、 子供のころからの夢が挫折したという「どうにもならない悩み」。 その原因は、金持ちになりたい、異性にもてたい、有名になりたい などの欲望に根ざしているものです。 解決方法は、欲望から離れて自分を見直すことです。

酒によって正体を失ったときは、「どうにもならない悩み」そのもの

■そもそも悪酔いの原因とは……
世界の宗教は飲酒のコントロールを求めています。 仏教では五戒の1つであり、イスラム教も禁酒です。 キリスト教ではワインはイエスの血として、飲みすぎを戒めています。 そもそも悪酔いの原因は、悪い酒を悪い心で多量に飲むからです。

パワースポットのパワーとは、神霊や特殊な自然物が発する力

■それに感応する方法を会得するには……
神霊や特殊な自然物が発する力に感応するには修練が必要です。 古代インドでは仏典などに「第六感に目覚める」こと、 キリスト教やイスラム教では神秘主義、 日本では「さにわ(審神)」として古事記に記録されています。 宗教上の修行と混同されてきましたが、 信仰とは無関係に、純粋に修練により獲得できる技術です。